Core's Blog

何か、いろいろ書く。

Mi 9が届いてからしばらく経った。のでレビューをする。

皆さんお久しぶりです。

少し時間をとることができたので、以前からTwitterで言っていた、Xiaomi Mi 9のレビューをしていきたいと思います。

 

まず、端末の完成度として

最初に、個人的な満足度を述べておきます。

10点満点中、7点、というのが個人的な評価です。ちなみにこの評価は値段は考慮していませんので、価格を考えるとかなりの完成度だと感じました。

 

まず、良い点

 

安くて高性能

今回私が購入したMi9、現状最新であるSnapdragon 855を搭載していて、RAM/ROMは6/64GBとなっています。上位モデルで8/128のモデルもあるようです。で、驚くのが価格で、42000円程で私は購入。新品で。

もっと安く購入することができるそうですが。

他メーカーで42000円というと、中古のSnapdragon 845端末の価格です。

f:id:kamabocoblog:20190802002839j:image

Snapdragon 855の実力ですが、自分のMi9では常温でAntutuベンチマークで37万点を叩き出しています。これは私が購入した時点で、Android端末2番目となるスコアです。現在は他の端末に抜かされていると思いますが、それでも性能は記事を書いている今でもトップクラスなのは間違いないです。

f:id:kamabocoblog:20190802002956j:image   f:id:kamabocoblog:20190802003027j:image


RAMも6GBあるので、大量にアプリを開かなければ足りるはずです。

私の環境ではRAM不足を感じた場面はありません。

ストレージですが、128GBモデルがあるとはいえ、個人的にSDカードが挿せないのが残念でした。これは後で書きます。
f:id:kamabocoblog:20190802003131j:image

 

カメラは多分、高画質

今までXperiaiPhoneなどの単眼カメラの端末しか使ってこなかったので私はあまり評価ができませんが、当たり前ですが単眼端末よりも断然きれいです。

特にポートレートや風景写真などで違いがよくわかります

私の住処がバレてしまいますので写真はのせませんが、恐らく他の複眼カメラと同様にかなりきれいな写真が撮影できるかと思います。

因みにカメラのイメージセンサーSONY製のセンサーが使われているそうです。

 

赤外線で、テレビなどの操作ができる

何で今更赤外線なんて搭載しているんだ...

と思いつつ、かなり便利なので結構使っているのですが、赤外線ポートを利用してテレビやエアコンなどの操作が可能です。

私は、PAVV、AQUOSREGZAなどのテレビ、MITSUBISHIとDaiKInのテレビ、Panasonicのコンポを登録しましたが、操作ができました。テレビのリモコン操作画面が開いているときは、本体の音量ボタンを利用してテレビの音量調節が可能です。
f:id:kamabocoblog:20190802003608j:imagef:id:kamabocoblog:20190802003625j:imagef:id:kamabocoblog:20190802003617j:image

 

因みに上記のメーカー以外にも多くのメーカーの家電の操作が可能です。
f:id:kamabocoblog:20190802003555j:image

 

1点問題があり、私が試した中ではREGZAのみ操作できないボタンがありました。ちなみに信号の種類はボタンごとに自由に配置し直すことができるのですが、どの信号にしてもREGZAの操作はできませんでした。どうやらメーカーや機種によっては相性問題か、信号が登録されていないかで操作できないものもあるようです。

 

SIMカードを2枚挿せる

Mi9はSIMカードを2枚挿すことができます。最近Dual SIM対応端末が増えていますが、Xperiaのように片方のSIMは4G接続できるが、もう片方は4G利用不可、という端末が少なくありません。

Mi9は両方のSIMで4G接続可能です。

果たしてこの機能を使う人がいるのかわかりませんが...。
f:id:kamabocoblog:20190802003704j:image

 

カメラの無音化が可能

基本的に日本以外のモデルはカメラの無音化が可能です。

が、Android端末は日本のSIMを挿すとシャッター音が強制的に鳴ってしまう端末が多いです。

ですが、Mi9で試してみたところ、SIMカードを挿入してもカメラの無音化が可能でした。

SIMの抜き差しで強制再起動がかかることもなく、便利です。

 

 

悪い点

画面が荒い

水滴型ノッチでベゼルがかなり狭いので、6.39インチと比較的大きめの画面なのですが、解像度は2340x1080画面サイズの割に低めになっています。

そして、解像度の低さがかなり目立ちます。10cmくらいまで近づくと画面が汚いなぁと感じました。

低コスト化と、ベンチマークのスコアを考慮して、あえて解像度を下げたのかもしれません。

 

外部ストレージが使えない

まず、SDカードが使えません

自分の場合、かなりデータのやり取りをPCや端末間でするので意外と困っている点です。

写真のバックアップ時にPCにいちいち接続するか、Googleドライブ等に上げないといけないので面倒です。

また、OTGでの接続も試したのですが、こちらも一切認識しませんでした。

外部ストレージには一切対応していないことになりますので、かなり不便に感じました。

 

スピーカーがモノラル

一応フロントカメラの上に通話用スピーカーがついているのですが、こちらは完全に通話専用なようです。

動画などの音は、本体下部右側から出ますが、ゲーム時等に指でふさいでしまうことがあります。動画を横持ちしてみているときにも違和感があるので、せっかくならステレオにしてほしかったです。

 

AIボタンは使い道が限られる

本体左側にAIボタン、というボタンがあります。

このボタンにいろいろな機能を割り当てることができるのですが、1回押しの設定項目が少なく、Googleアシスタントしか割り当てることができません

個人的にGoogleアシスタントは一切使わないので他の機能に充てたかったのですが、Google検索か、アシスタントの2つしかありませんでした。
f:id:kamabocoblog:20190802003736j:image

 

画面内指紋認証はあるが...

Mi9は画面内認証を搭載してるのですが、光学式の画面内認証なので精度がとても悪いです。コツを掴めば割と認証できるようになりますが、それでもやや時間がかかるように感じます。

自分は指紋認証に時間がかかるので、顔認証を有効にしておきました。

Mi9の場合顔認証の方が速いですが、セキュリティ面では劣るので、できれば指紋認証を使いたかったです。

 

そしてこの指紋認証、やたら乾燥に弱いです。

端末の画面がついていなくても、指紋センサー部に指を置いて認証されれば自動で端末の電源が入るのですが、画面オフ時は省電力化のためか、タッチ操作の感度を落としているらしく、手が乾燥していると反応しないことが多いです。電源をつけてから指紋認証を使えば基本的には使えるのですが、やや不便だと感じる点ではありました。

 

 

その他

 

ゲームブースター機能がついている
f:id:kamabocoblog:20190802003842j:image

購入前からゲームブースター機能がついていることを知っていて、かなり気になっていた機能なのですが、これがすごくわかりにくい場所にありました
f:id:kamabocoblog:20190802003859j:image

デフォルトで入っている、セキュリティアプリの中に隠れていたのですが、一度開けばホーム画面にショートカットを置くことができます。

そのゲームブースト機能ですが、その設定項目の中に、「タッチレスポンス」という機能があります。
f:id:kamabocoblog:20190802003915j:image

実際これによってタッチレスポンスが上がっているのかイマイチわかりませんでしたが、設定で上げられるならデフォルトで上げておけないのでしょうか...。

 

あと、MIUI 10がやや不安定です。Androidをゴリゴリカスタムしている感じなので仕方ないですね。
f:id:kamabocoblog:20190802003932j:image

 

購入前に聞いていた、

一部の純正アプリで広告が表示される

点ですが、滅多に使う場面はないですし、音楽プレイヤーアプリは別のを使っているので筆者の場合は特に気になりませんでした。

 

注意点として

Mi 9にはグローバルモデル中華モデルの2種類があります。グローバルモデルはGooglePlayストア等の機能が利用できるのですが、中華モデルの方はGooglePlayストア等入っていないので、日本で使用するとなるとかなり不便です。因みにROMを書き換えることでグローバルモデル化することもできるようですが、手間がかかりますし、リスクも伴いますので、特に理由がなければグローバルモデルの購入をお勧めします。

腕に自信があり、どうしても安い方がいい、という方はチャレンジしてみてもよいかもしれません。

 

 今回購入したMi9、期待通りの完成度でした。

期待以上、といえる程の完成度ではなかったですが、価格の割にはかなりの完成度なのではないでしょうか。

しかし、ところどころ価格なりの完成度である部分も見られるので、長く使うのであれば、GalaxyやXperia、Pixelなどの有名どころの方がよいかもしれません。

自分は手放すのを前提で購入しているので、特に問題はありませんでした。

あともう1点、個人的な評価として、Snapdragon 845で十分です。

というのは、Snapdragon 835のような安定性がある訳でもなし、特別低発熱という訳でもなし、Snapdragon 845から大きな進化が見られませんでした。

ベンチマークくらいでしか845との差はみられないので、無理にSnapdragon 855を購入する必要はないかと思います。

 

以上、読んでいただきありがとうございました。

 

 

以下、いつも私の記事を読んでくださっている方への文です。

 

記事の投稿が遅くなり、申し訳ありませんでした。

既にMi9の購入から1か月が経過しています。

記事に書いたMi9の長所、短所は購入後3日目の時点で大抵把握していたので、購入後10日後くらいに書こうかなあ、と思っていたのですが、結局1か月後となってしました。

で、最近まとまった時間が取れないので、もう少し早く連絡しておくべきだったと感じるのですが、ブログの投稿ペースを落とします。

いつも読んでくださっている方には申し訳ないのですが、よろしくお願いいたします。

今回の記事も、個人的にかなり手抜きな感じになってしまっているので、次の記事からはもう少し読みやすいブログになるように努力したいと思います。

以上、ありがとうございました。