Core's Blog

何か、いろいろ書く。

TeraStationが、届いた。

久しぶりに雑談以外の記事が書けます。

タイトル通りなのですが、TeraStationが届きました。

早速使ってみた。のでその記事。

 

ったのは、TS3200D0202。

f:id:kamabocoblog:20210503100800j:plain

2ベイモデル。RAID0または1のどちらかを使用できます。

で、恐らく1TB×2で2TBというモデルだと思うのですが、2TB×2が載っています。恐らく、前の利用者が弄ったのでしょう。

鍵欠品で、その他動作問題なし。

HDDはHGSTUltrastar、HUS724020ALA640が2台積んであります。

使用時間は片方3万時間、もう片方が4万時間と割と多め。

 

ず、起動。

電源を入れたところ、ものすごい勢いでファンが回転。これ、かなりうるさいなと自分の安眠が奪われる心配をしていたところ、起動処理が終わったら少し静かになりました。WG1800HP2と1000Mbpsで通信していることを確認、設定画面には入れることも確認。その後、一度初期化。

 

式のHDDは、かなりふざけている。

まず、TS3200Dに初期で載っているHDDは東芝のDT01ACA100。これが2台。散々このブログでは書いてきましたが、DT01系はあっさり壊れます。

元は日立のDeskstar枠なのですが、ただのDeskstarは壊れると評判。DeskstarNASからは壊れにくいらしい。これはHGST側も意識しているようで、DeskstarNASは "Deskstar" とついているけど別物と考えているようです。外装の構造がUltrastarと共通だし。関係ないか。

Deskstarは元々連続駆動を想定したHDDではないはず。

そしてBuffaloはTeraStationの交換HDDには、公式でぼってる売ってるディスクを使えと言っています。それ以外は動かん、と。OP-HD1.0Sというのが適合品らしい。端から買う気はありませんでしたが一応覗いてみたところ購入可能。ただし29700円という価格。これで高耐久モデルとかであればまだ許せるものの、調べた感じDT01系を売り飛ばしているらしいので、やはりBuffaloは(ry

 

HDDを、変える。

f:id:kamabocoblog:20210503101213p:plain

前オーナーが2TB×2に換装していると書いた時点でネタバレしているのですが、このTS3200Dは非公式ながら増量換装ができます。もちろん、公式の適合HDDでなくてもその辺の市販ので動きます。筆者の手元にHDN724030ALE640というDeskstarNASが2台あります。1台は予備で保管していたもの、もう1台はデスクトップPCから抜いてきたもの。ちょうどいいので、こいつらを取り付けることにします。取扱説明書には "正常に動いているディスクは抜くな" と書いてあるのですが、知りません。どうせ保証もないし。

f:id:kamabocoblog:20210503100835p:plain



まず、設定画面から片方のディスクの取り出し操作をします。2台同時はNGらしい。Ultrastarをぶっこ抜き、マウンターをDeskstarNASに装着、DeskstarNASをTeraStationに挿します。フォーマットはNTFSの状態でしたが、特に問題なし。ただ、TeraStation側でフォーマットしないと使えないのでフォーマット。

f:id:kamabocoblog:20210503101219p:plain

f:id:kamabocoblog:20210503101216p:plain

これ、意外と5分とか10分くらいかかります。同じ手順でもう1台も交換。

無事、3TB×2状態にできました。

f:id:kamabocoblog:20210503101223p:plain

 

f:id:kamabocoblog:20210503100941j:plain

余ったUltrastarは片方は予備、片方はNTFSでフォーマットしてデスクトップPCに接続、データ用ディスクとして活用。

 

RAIDは、設定していない。

少し悩みましたが、RAIDは現状設定していません。

RAID0は故障時の代償がデカい上に、1000MbpsだとHDD 1台の転送速度で頭打ちなのであまり意味がない。

RAID1は、筆者はこのNASとは別に外付けHDDにデータをバックアップしているので、まあ要らんかなと。

というより、DeskstarNASが壊れるより先に本体が壊れる気がします。

ということで現在は3TB×2で分離して使っています。

 

く、意味がない。

一応データを分散させては要るものの、もはやディスク2台の意味がない。それ以前に筆者は3TBすら使い切らないので6TBは無駄。そうなるとディスクを1台外した方がHDDや電力の無駄がなく、騒音も小さくなる、発熱や振動が抑えられるので個々のディスクの寿命も延びる、はず。

筆者にはメリットしかないので是非そうしたいのですが、気になるのはHDD 1台の状態で故障したとき。1台をコイツでフォーマットした上で取り外し、保管。その状態で本体に接続されているHDDが壊れてから予備のディスクを接続しても動いてくれるのか。その不安があり、踏み込めていない状態。どなたか教えてください←

 

安要素も、あったが...

Buffalo製ということで筆者としては不安だった。WZR-900DHPのUIが本気で使いにくいことや、筆者の家で壊れる周辺機器は大抵Buffalo製だったというのが主な要因。TS3200DはUIも特に使いにくいとは感じず、故障については古い製品なので未評価。DT01が載ってきたら印象が(悪い方に)違ったかもしれませんが。

 

やっぱり、自分の使い慣れているノートPCが一番使いやすい。