Core's Blog

何か、いろいろ書く。

ハードオフに行ったけど、今回は大ハズレだった。

早速、TeraStationの電源を切ってただの置物と化している筆者です。

 

先日、というよりは昨日、ハードオフに寄ってきました。久しぶりだったのでかなり予算多めで行ったのですが、実際は2000円も使っていません。

で、今回はかなり運が悪かった。ハードオフへの道中、逆走チャリに歩道でベルを鳴らされてかなり腹が立っていたので、その日の気分は最悪でした。どうでもいい。

 

ったのは、これ。

Aterm WG1800HP

筆者が持っているのはWG1800HP2ですが、それの前モデル。時期的にはWG600HPと同期(というかそれより古い)のですが、WG600HPは対応していなかった11acに対応しています。

で、中身的にはほぼWG1800HP2と変わらないのにジャンクで110円というのは何かがおかしい。さらに妙なのは、背面の星形ネジが取り外されており、これがセロテープで本体に張り付けてある。なんだこれ。

都合よくこれまたジャンクで売られていたAL1-002292-002というNEC製のACアダプタとセットで購入、帰宅後に動作確認してみたところ案の定動作がおかしい。ACアダプタは問題なさそう。

まず、電源は入ります。が、全ランプ緑点灯から進まず、Resetボタンを押すとPowerランプが赤点灯します。初期化もできなければ、ランプがつく以上の機能もない。実はAtermにおいてPowerランプのみ赤点灯という動作は本来ありえません。

そして弄っていたら、全ランプ緑点灯状態でecoボタンを押すと、

Power→Active→2.4GHz→5GHz→TV→Converter→無灯→Power→...

という感じでオレンジ色に光る。さらに、らくらくスタートボタンを押すと、全ランプが

緑→赤→オレンジ→無灯→緑→...

という感じで光る。ただしそれ以上の機能はない様子。

改造か?とも思ったのですが、WG1800HPでのDD-WRTの事例等は筆者がぱっと調べた限りでは見当たらない。改造の類でないとすれば故障ですが、それにしては奇妙な動作です。とりあえず、現在の筆者の技術、知識ではどうにもならないことは確か。

100円だったので諦めはつきますが。ACアダプタは300円なので、実は本体よりもアダプタの方が高い。

 

CDを、買ったが...

特に他に良いものもなかったので、あまり見かけないCDを買って帰宅。家に帰って開封してみると、ディスクケースが割れていました。中身は問題ないものの、開封してみないとわからない箇所が割れている(しかもジャンクではない)のは、正直気分が悪い。

 

ういうことも、ある。

CDは明らかに店が悪いですが、ジャンクであったAtermは仕方がないということで、また別の物を探します。特に良いものもなかったので、恐らくスイッチングハブを新品で買うことになるかと思います。

ただ、Atermが改造品であった場合はかなりグレーゾーン。

 

iTunesでALACを再生するとノイズが入るのですが、これは一体...

Grooveミュージックとかでは全く問題なく再生できる。