Core's Blog

何か、いろいろ書く。

買ったものがあるので、紹介。

先日、Prime Dayセールがありました。

タイトル通りですが、そのセールで買ったものがあるのでそれを紹介します。

f:id:kamabocoblog:20210626223903j:image

 

LHR-2BDPU3ES

写真撮り忘れた

Logitec製のHDDデュプリケータ。因みにLogitecの正体はELECOMです。

こいつを買った理由は、DIGAのHDDをクローンしたかったから。DMR-BRW520の保証が7月に切れるので、HDDがぶっ壊れるとやばい訳です。壊れる前に同容量のHDDにクローンしておけばどうにかなると考え、購入。

標準モデルとエラースキップ機能付きの2つがあるのですが、後者の方がトラブった時に強いこと、プライムデーセールでそもそも標準よりもエラースキップ付きの方が安かったことからエラースキップ付きを購入。

HDDクローン時以外は置物かというとそうでもなく、実はHDDスタンドとして使用できます。筆者はよくHDDを差し替えるので、あると助かる。

f:id:kamabocoblog:20210626223932j:image

普段は4100円程度ですが、セールで3550円でした。

 

7月まで本業での用途がないので、こちらについては特に書くことなし。

 

Fire TV Stick 4K

f:id:kamabocoblog:20210626223948j:image

少し前にEX-LD4K271DBという4Kモニターを買ったのですが、正直あまり使っていませんでした。暇そうな4Kモニターをどうにかできないかと悩んでいたのですが、DIGAはこいつに対して4K出力してくれない上に、PCはFHDのモニターをメインで使っているのであまり用途がなかった。

そんな中、プライムデーでFire TV Stick 4Kが安いと聞いた。普通に買うと6980円するのですが、3980円になっている、ということで3000円引き。これは4Kモニターを活かすチャンスだということで購入。このセールで在庫が尽きたのか、今見たら入荷待ち扱いになっていました。

 

4K HDRに、対応。

Fire TV Stick 4Kは名前に4Kを冠しているくらいなのでいわずもがなですが、EX-LD4K271DBはHDMI1のみ4K HDRに対応しています。元々はPCをHDMI1に繋いでいたのですが、B450M Pro4がUEFIHDMIに出力してしまう煩わしさと、Win10のHDRの発色のおかしさから一切使っていなかったのでPCはDisplayPortに左遷、HDMI1にFire TV Stick 4Kを持ってきました。

セットアップ時点で4K HDRで出力されていました。

f:id:kamabocoblog:20210626224014j:image

で、EX-LD4K271DBは色深度10bitもいけるので、せっかくなら使おうということでFire TV側を10bitに設定。

f:id:kamabocoblog:20210626224037j:image

因みに初期では8ビットになっていますが、Fire TV自体は最大12bitまでいけるようです。

 

AirPlayに、対応させる。

Fire TVを買った理由の1/3くらいはこれ。標準ではAirPlayには対応していませんが、サードパーティのアプリを突っ込むことでAirPlayに対応させることができます。恐らくポピュラーなのはAirPlay&UPnPというアプリですが、300円くらいするので、今回は別のAirScreenというアプリを使います。

アプリ側を待機モードにして、画面ミラーリングから選択すればAppleTVとして認識されます。

f:id:kamabocoblog:20210626224119j:image

ミラーリング終了時に広告が表示されるんだとか。(後述する理由からだと思いますが、筆者の環境では表示されず)

1/3とか書きましたが、画質は最低限という感じなので、あまり使う場面はない気がします。無料なら別に文句はないという感じ。

 

どうでもいいですが、Mojaveの時はAirPlayできたらメニューバーにアイコンが出てきたのにBig Surでは消された。Catalinaは知りません。コントロールセンターから弄れます。

 

広告を、弾いてみる。

なんかADB叩いて〜とかあったのですが面倒なのでFire TVだけで完結する方法で弾きます。単刀直入には、AdGuardのDNSを使います。

マイFire TV→バージョン情報→ネットワークからIPアドレスゲートウェイをメモ。

設定→ネットワーク→繋がっているWi-Fiを一旦解除します。

今切断したWi-Fiを選択してPWを入力後、詳細設定を選択。先程のIPアドレスゲートウェイを入力した後に

DNS1 : 94.140.14.14

DNS2 : 94.140.15.15

f:id:kamabocoblog:20210626224211j:image f:id:kamabocoblog:20210626224247j:image

と入力。これである程度広告を弾けます。弾けない広告もあります。

 

iPhoneから、操作する。

Fire TVアプリをインストール、同一ネットワークにFire TVとiPhoneが接続されていれば勝手に検出してくれます。が、このアプリが意外と使い勝手が悪く、まずFire TVに繋ぐのに地味にスムーズにいかない(4桁の番号をいちいち打たされる)、キーボード使用時にちょくちょく落ちます。キーボードはリモコンだと使い勝手の悪い部分なので、安定してくれるとかなり嬉しいのですが。

 

半ば勢いで買ったFire TVですが、意外と使うことになりそうです。