Core's Blog

何か、いろいろ書く。

iPhone13について、気になることを書いてみる。

この記事、特に意味はないのですが。

下書きに残っている記事を完成させるのが面倒になったとか、別にそういうわけではないです。

 

滑り出しは、良好。

確かに出荷の遅延等も見られましたが現在は回復傾向にあり、半導体不足が嘆かれていた現状と昨年の12シリーズの状況を考えればよかった方ではないかと思います。布が不足したのは謎ですが。

12からのマイナーチェンジで不具合を起こされても困るところですが、実際は今のところ大きな不具合には当たっていませんし、報告も聞きません。毎年恒例であった新型iPhoneのモバイルデータ通信不良もありませんでした。

強いて言えば先日iPhone12, 13シリーズ向けにiOS15.1.1が配信されましたが、これは13というよりも12から引きずっている不具合だったようなので、固有のものとは考えていません。

 

パネル感度が、良すぎる。

購入当初から気になっているのですが、異様にパネル感度が高いです。これによりメリットデメリット共に発生しているのですが、まずメリット。画面サイズが同じiPhoneXRや11では反応しなかった操作が反応するようになりました。ゲームで顕著で、2本の指を同一の指として認識するということがほとんどなくなったのはかなりストレスが減りました。

一方で毎日悩まされているのがポケット内での暴走です。ポケットから取り出すと大抵勝手にSpotlightの画面になっており、有機ELで焼き付きが気になるのでやめていただきたいところ。一時期はタップしてスリープ解除を無効にしていたのですが、これがかなりの手間だったので現在はポケット内で勝手に動いていても無視しています。これはXRや11では発生していなかったことです。

 

デジタイザが、変更されているらしい。

明確な情報源がないのであまりアテにしないでください。iPhone13シリーズでは全モデルでオンセル式のY-OCTAを利用しているという話があります。異様なパネル感度が筆者の13のみの個体差でない限り、この変更が影響している可能性があります。実際iPhone13についてはパネル感度が高いという報告は散見されるので、ありえない話ではないという感じです。

 

13のパネルは、割らない方が良いかも。

何を当たり前な、という感じですが。これは、他モデルにも増して割らない方が良いということです。まず、割った場合タッチが効くのかかなり微妙です。最近のスマホは画面を割ってもあるい程度なら反応する傾向がありますが、デジタイザが変更されている以上どのような動きをするのかがわかりません。発売から時期が浅いこともあって割れた事例も少ないです。何だかんだ動く気はしますが。

もう1つはBOEがiPhone13向けのOLEDパネルを出荷しだしたことです。現状はリペア用パネルのみの出荷らしいですが、要するに故障して修理に出した場合、BOEのパネルを搭載してくる可能性があります。BOEの品質について一切信用していない訳ではありませんが、SamsungであればS8までは焼き付きが酷かったとはいえ今までOLEDパネルを長らく製造してきた、そして今までのiPhoneにほとんど採用されてきたという実績があります。一方でBOEについては統計がほとんどありませんし、LGですら歩留まりが悪くて蹴られかけている状態なので、即信頼に値するものではないと考えています。

 

ノッチは、幅は狭くなったが...

さっきうっかり筆者の嫌いなネットメディアの記事を踏んでしまい、そこに「みんな忘れてると思うけどiPhone13のノッチは縮んでるんだよ!」的なことが書いてありました。これについてメリットデメリットを考えたときに、筆者はデメリットの方が大きいと考えています。ノッチが約20%小さくなったことでデザイン的には多少改善された気もします。確かにノッチの横幅は狭くなっていますが、若干縦方向に伸びています。これが意味することは、長方形のコンテンツを表示した場合の有効な領域は狭くなっているということです。バッテリーのパーセンテージ表示ができる訳でもなし、ステータスアイコンが増える訳でもなし。背面カメラが肥大化して内部スペース的に邪魔だったからとかその程度の理由でしょう。ここまで踏まえたうえで、進化の少ないことを皮肉で言っているのであれば大したものですが。

 

今後のiPhoneは、不安。

厳密には今作で感じたことです。今回のiPhone13ですが、前にも書いた通りマイナーチェンジにしても進化が少なすぎます。機能的にも、性能的にもです。前者は「マイナーチェンジだから」で片付けるのであれば気にならないこともないですが、過去のiPhoneの流れを考えると後者は気になる点です。

まず、筆者が思うマイナーチェンジiPhoneは5→5s、6→6s、7→8、X→Xs辺りです。これらに共通する点として、デザインの変更や機能追加は少ない一方で性能は大きく向上しています。

A6→A7では64bit化で業界を騒がせました。

A8→A9はコア数こそ変わっていないものの、ベンチスコアでは2倍近い数値を叩き出しています。

A10→A11ではコア数が増加し、自社設計GPUの搭載、NeuralEngineも追加されました。

A11→A12ではコア数は据え置きながらもNeuralEngineの強化も図られ、iOS15ではA11以下と機能の差別化が図られました。

では、A14→A15はどうでしょうか。CPUについてはiPhone向けのものではクロック速度が向上し、若干の性能向上がありました。が、N5P採用で省電力化、なんて話もありましたが実際にはピーク消費電力はA14よりも増加しているという報告もあります。ダウンクロックされているiPad mini向けのものは性能がA14とほぼ変わらず、実際のAppleの発表でもiPad Air(A12→A14)の宣伝と同じ、A12比40%という数字が使われました。GPUについても13ProシリーズとiPad miniでは5コア版が採用されて性能は向上しているものの、13シリーズの4コア版についてはA14と大差はありません。唯一NeuralEngineについてはダブルスコアに近い数値で向上しているものの、これは毎年この傾向にあるのでA15で特別、というものではありません。また、A15はA14比チップが肥大化しています。A15についてはA14を高クロック化、もしくはGPUを5コア化しただけ感が否めません。何よりA14との性能差がないことはApple自身が認めてしまっており、9月の発表時にA14と比較せず、Androidスマートフォンという曖昧なものと戦わせていました。2022年のiPhoneでの3nm採用が見送られたという話も聞きますし、今作の進化のなさから考えるとAシリーズチップについてはかなり心配です。

機能面でも同じことが言えます。今作についてはカメラでお茶を濁した感が強いです。TrueDepthセンサーについてもパーツが小型化したのではなく、スピーカーを上に追いやって配置を変えただけ。カメラは性能据え置きでレンズがデカくなっただけ。センサーシフト手ぶれ補正を全モデルに拡張、シネマティックモードの追加。13の変更点なんてこれくらいでしょう。12比価格が落ちているので筆者は大きな問題とは考えていませんが、新機能という面では一切魅力のないモデルといえます。

おそらく来年は、何故かLightningを嫌っているEUの動きもあるのでいよいよType-C搭載に動くと思いますが、正直それ以外に期待できることはない気がします。FaceIDは意地でも譲らないみたいですし、ユーザーのニーズに応えた、もしくはユーザーを驚かせるようなiPhoneは期待できない気がします。

 

不安ではあるが、不満ではない。

では13が駄作だったかというとそうではないと考えています。確かに進化は少ないですが、その分値下げ、そして安定性が向上しています。極端に時代遅れというわけでもありませんし、買って後悔する端末ではなかったと思います。

 

個人修理は、日本には来ない。

13とは関係ない話。Appleが個人向けにリペア用キットとリペアパーツを提供するなんて話がありましたが、日本に上陸することはありません。最大の理由は電波法です。あまり知られてはいませんが、免許を持った人間以外がスマホを分解して、それを使うと電波法違反になります。電波系統のパーツを弄っていなくとも、パネルを開けただけでNGです。これは「電波系統を弄っていない証明ができないため」らしいです。では動画で撮りながらやれば良いのかというと、これも「デジタルデータは簡単に改変できるため不可」らしいのです。法が絡んでくるとなると企業側も提供できませんので、自身でiPhoneを修理できることは現状なさそうです。

で、電波法筆頭に日本はデジタル関係で後進国すぎます。総務省がろくに機能していない時点でお察しです。事実、日本はスマートフォン等電子機器を扱うメーカーからは相当舐められており、隣の大国の製品をチープだと馬鹿にしてる割には規格不適合品が流通しまくってるだとか不良品の保証をされないだとか散々な状態です。例えばアメリカであればこのような舐めた企業がいれば即訴訟に発展するのでまともな製品だったり、サポートを手厚くしたりとかがあるのですが、日本では波風立つことがそうないので何かあってもサイレント仕様変更とか責任転嫁とかで誤魔化されます。いい例がXperiaで、Zシリーズが水没故障してアメリカで訴訟発展した際、アメリカ国内では多少の保証が行われたようですが日本では利用者が悪いと言わんばかりの全額負担の有償修理です。国内企業ですらこの始末なのでそりゃ海外メーカーだって同じことをするでしょう。

パネル開けたら電波法違反、とか中古端末賑わせたいから端末値引き禁止、とかやってることがいちいちズレてるんですよ。根本的に新品の端末が買われなければ中古端末なんて出回りません。さらに中古なんて前オーナーがどんな使い方してたかもわかりませんからね。2~3年後には中古市場はオンボロ時代錯誤ハイエンドかチープな端末しか出回らなくなりますよ。ここで愚痴っても無駄以外の何でもないですが。