Core's Blog

何か、いろいろ書く。

Appleのイベントを見たので、それについて書く。

筆者の個人的な感想としては、今回の内容はイマイチだったと考えています。かなり意外なものもありましたが、そのほとんどはあまり良い方向ではありません。

 

で、例にもれず筆者が気になった部分のみを触れていきます。

 

輝いたのは、iPad Airのみ。

個人的に追っていなかったこともあり旧モデルの値段を確認するのを忘れていたのですが、少なくとも現地では価格据え置きでM1になったのはなかなか大きいのではないでしょうか。外観などの変更点はないものの、USB-Cが2倍の速さということで恐らくUSB 3.1 Gen2の10Gbps対応、5G対応、インカメラの強化。

iPad miniAirの上を行っていた状態をAppleがよく思っていないのは想像していましたが、良くてA15 Bionicのダウンクロックなし、5コアGPUだと思っていたのでM1搭載、そして価格据え置きはかなり意外でした。せっかくならThunderbolt対応にすればよかったのにとも思いましたが、その辺はiPad Proとの差別化でしょうか。また、フラッシュライト非搭載なのは気になりました。

 

個人的に今回の発表の目玉はiPad Airだと考えています。が、これが買いかというとそうは考えていません。現在の価格設定だとiPad Proとの差が少ないので、であれば少し盛ってProMotionやらに対応したiPad Proを購入した方が圧倒的に良い気がします。例えばA15 Bionic搭載で値下げされたのであればiPadiPad Proの中間に立てたと思うのですが、価格帯がiPad Proに寄った現状では選択肢としてはかなり微妙です。実際に筆者はiPad Airよりも安価で十分なスペックを持っているiPad miniを選択していますし、今後もiPad Airを選択することはないと考えています。一方でiPad Proに関してはかなり興味をもっており、現在使っているiPad miniが替え時になったら候補に挙がるかと思います。

結論としては今回の発表では気になるところではあったものの、A15ではなくM1を搭載したことが良い方向だったとは思えない、という感じです。

 

iPhone13、13Proに新色

13にはグリーン、13 Proにはアルパイングリーンが追加されました。色については人によって好みが分かれると思うので特に評価しませんが、パープル系の色を期待していた人も多いのではないでしょうか。少しiPhone 12を引きずりすぎな気がします。

正直に言えば、パープルがあれば欲しかったけど別のカラーを買った筆者としては安心してしまいました。

 

iPhone SEは、裏切られた。

もちろん、悪い意味でです。

まず、iPhone SE自体はA15 Bionic搭載で5G対応、SE(2nd gen)のデザインやTouch IDを続投といった、期待通りのものだったと思います。問題は価格設定です。発表の中で価格についてあまり触れていなかったので違和感を感じていたのですが、イベント終了後にApple Storeを開いて、見間違えたのかと思いました。57,800円。これはちょっと強気な価格設定すぎるのではないでしょうか。この価格設定でなければ間違いなく今回の主役だったのですが、SEにはかなり期待を裏切られました。

今年春のイベントでの登場が確実視されていた中、TouchIDに惹かれて先月までは購入を検討していました。iPhone 12以降でFaceIDがマスク着用時でも機能するようになるらしいのでiPhone SEを買う必要がなくなりましたが、それが無かったら狙っていた機種であるのも事実。また、価格設定次第ではサブ端末として購入も検討していたのですが、これは迷いなくパスです。

比較対象がおかしいですが、iPad miniの価格を考えると納得できないのは筆者だけでしょうか。

 

Macについては、何とも言えない。

M2の登場とそれを搭載したMacが期待されていた中で、M1 UltraというM1の新メンバー。ここもかなり意外なところでした。筆者としてもM2のMacBookを期待していたので冷たい言い方をすれば期待外れなのですが、Mac Studio自体はそこまで悪くはない気がします。M1 Ultra搭載のモデルは50万円~と強気な価格設定ですが、これは値段相応なのか筆者には判断がつきません。

 

ディスプレイも、未評価。

Apple製のディスプレイを使用したことがないのでこれもあまり評価できません。使ったことがない身としては、DisplayHDR600あたりのモニターを買って、Dolby Atmos対応のAVアンプやらを買った方が良いのではないかと思ってしまいますが、ターゲットが筆者の様な人間ではないと思うので未評価とします。

 

 

全体的に、中身自体は悪くないものの、いまいち手を出す気になれない、そんな製品が多かったように感じます。

 

関係のない話。明日は絶対にSmartNewsのテクノロジータブは開きません。理由はお察しください。