Core's Blog

何か、いろいろ書く。

iPhone 13とiPad miniを買って1年経ったので、思ったことを書く。

昨年の発売日から使用しているiPhone 13とiPad mini

使っていく中で感じたことを書いていきたいと思います。

また、今年のiPhone、14シリーズについても思ったことを書きます。

正直発表前から買う気が0だったので触れる気もなし、触れたところで意味がないのでスルーのつもりだったのですが。

暇つぶしに何となく気になったことを書きます。

所謂雑談記事です。

 

 

iPad miniは、処分が確定している。

昨年の今日はウッキウキで開封していたiPad miniですが、今年の今日は中古として処分が確定しました。購入時はiPhone 13よりもiPad miniの方が期待値が高く、iPad miniにのみAppleCare+を付けていたくらいだったのですが。この1年でiPad miniに対する評価は大きく変わりました。

 

期待しすぎていた面は、ある。

正直に言えば、そもそも購入魔の時点でiPad miniには期待しすぎていた節はありました。製品発表の時点では期待を上回った出来だと感じていましたが、ゼリースクロールをはじめとしてやはり買ってみないとわからない粗が見えました。これは他の製品を見てきた、特に様々な機種を触ってきた筆者であれば簡単に想定できた部分ではあります。少し、興奮しすぎました。

 

iPad miniの不満点は、3つ。

1つ目は、ゼリースクロール。これは正直、不具合としてリペアエクステンションに出してほしかった。iPad mini 6thは他のどのiPadよりも携帯性を重視したような機種になっており、縦の比率が長くなっています。つまり、縦向きをある程度重視した機種であったにも関わらず、縦向きにするとゼリースクロールが目立つという始末です。実際筆者も一時期は縦向きで使っていたのですが、あまりにもゼリースクロールが気になるのである時から横向きで2つのアプリを分割して使用していました。これは工夫次第で目立たなくできた要素ですし、他のiPadでは気にならなかった部分なのでかなり残念でした。

 

2つ目は、タッチ感度。iPhone 13と比較してタッチ感度が著しく悪いです。iPhone 13のタッチサンプリングレートが120Hzであるのに対してiPad miniは60Hzなので多少は仕方のない部分です。が、体感できるレベルで精度に差があったので、同時に使ってしまったのが災いしてなかなかストレスだと感じました。ちなみにApple Pencil用のデジタイザは確か120Hzです。そちらは快適でした。

 

3つ目は、Touch ID。筆者が思うに、Touch IDが必要なApple製品はもうそんなに多くはないのではないかと思います。現状、Touch IDがFace IDに勝る要素はほぼありません。特にiPad miniのTouch IDは面積が少ない関係で精度がiPhoneのものよりも悪く、ここまでしてTouch IDを搭載するよりは、多少値が張ってでもFace IDを搭載してほしかった。Touch IDのある位置に指をわざわざ持っていくよりは、画面を正面に向ければロック解除できるFace IDの方がスマートです。AppleはTouch IDとFace IDの搭載機種に何か拘りがあるらしく望みは薄いですが、既存のTouch ID製品もFace IDに移行してほしいところです。

 

 

相対的な価値が、下がっていった。

先述の通りiPad mini発売から1年経った、と思ったら書いているうちに日付が変わって1年と1日経った訳ですが、購入当初はiPhone 13は高性能ルーターとしてしか機能しておらず、実はiPad miniが主力で動いていました。iPad miniiPhone 13の立場が逆転した明確なイベントがありました。

 

Face IDの、マスク対応。

iPhone 13発売時はTouch IDとType-Cが搭載されなかったことに落胆する声が多かったことを覚えています。逆に、若干デカいものの携帯できなくはないiPad miniがTouch IDを搭載しており、しかもType-Cであったため注目を浴びていたことも覚えています。明らかに当時のニーズに合っていたのはiPad miniで、筆者も同意見でした。しかし、今年Face IDがマスク付き状態でもロック解除できるように改良され、マスク状態でのアドバンテージしかなかったTouch IDの優位性は筆者の中では消えました。Type-Cは一旦置いておくとして、ポケットに入らない上に防水ではないiPad miniを外で使う場面は減りました。

 

さらに、Face IDが横向きに対応した。

iPad Proでは元からあった機能なのですが、何故かiPhoneでは実装されていなかった横向き状態でのFace ID。iOS 16になり、横向きでのFace IDが解禁されました。だから何?感はあるのですが、向きに関係なく認証できたTouch IDの優位性がまた減った印象です。これに関しては若干こじつけ感があるなーとは我ながら思いますが、Face IDが強化されたのは事実です。

 

ステージマネージャが使えない、mini。

iPadOS 16から実装されるステージマネージャですが、M1 iPad限定というかなり厳しい線引きとなりました。iPad miniから機能が削がれた訳ではありませんが、iPad AirとProに実装される機能が外されて、相対的にグレードが下がりました。A15 Bionicの5コアGPUはゲームのためだけにあるようです。

 

 

良い端末では、あった。

マイナス面ばかり指摘しましたが、なかなか完成度の高い機種であったと思います。処分した奴が何言ってんだ、という感じですが、筆者はタッチ感度の悪い端末の評価を著しく下げるため、それとゼリースクロールが無ければ未だに使用していたと確信を持って言えます。逆を言えば、パネルの完成度が残念過ぎました。かなりもったいないです。外出先でも家の中でも使える1台でした。

 

 

iPhone 13は、予想外だった。

まず、iPad miniと逆で使ってみて実感したのがパネル感度のよさです。誇張なしで言っても、ここまで正確に反応してくれる端末はiPhone 13が初めてです。ただ、パネル感度が良すぎるが故にポケット内で勝手に動いているのは勘弁してもらいたいところ。

先述のマスク付き認証や横向き認証、バッテリー残量のパーセンテージ表示等、Face ID機で妥協せざるを得なかった点がほぼ克服されてきています。購入当初は1年以上使う予定が無かったのでAppleCare+に入っていなかったことが悔やまれます。というか、iPhone 13 Proを買っておいても良かったのではと今更ながら思います。

 

 

iOS16で、気になる点。

音ゲー中に3点タッチでツールバーが出ることが騒がれていますが、筆者としてはそもそも3本指が必要なゲームはiPhoneでやらないので個人的には気にしていません。それ自体は気にしていないのですが、実はAppleは同じ事故をiOS13の時にやらかしています。この時はiOS13.1で修正されたのですが、3年後に同じことで騒がせるのはユーザー側を軽視しすぎではないかと思います。

これと関係しているのかは不明ですが、iOS16で音ゲーをすると明らかにフレームレートが落ちます。プレイできないレベルではありませんが、音ゲーマーは様子見した方が良さそうです。

 

 

iPhone14は、買わない。

iPhone 13ユーザーからしてみれば、14シリーズは買い換える理由が皆無なので、余程の事情がない限りは買う予定はありません。

 

9年ぶりの、型落ちチップ。

個人的に最も衝撃だったのが、下位モデルのみとはいえ型落ちのチップを採用してきた点です。たまたまかもしれませんが、ここ9年間はすべてのiPhoneで最新のチップを採用してきました。最 "上" 位 ではなく 最 "新" です。A15 BionicではProと下位でGPUの差別化が行われていたり、A9ではSEではダウンクロックが行われていたりしましたが、それでも一応最新のチップではありました。

「SE系は半年遅れだろうが」となりますが、AppleはXやZ系のiPad用チップを除いて、1年サイクルでしか新型のチップを開発していないため扱いとしてはAppleiPhone向けの中で最新ではあります。

今回のiPhone 14(Plus)ですが、昨年のPro向けチップである5コアGPUのA15 Bionicが搭載されています。昨年の13(mini)は4コアGPUであったため若干グレードとしては上がっていますが、型落ちに変わりはありません。型落ちチップが採用された前回の例は2013年のiPhone 5s/5cの時です。約9年ぶりの型落ちチップiPhoneとなりました。

筆者の考えすぎかもしれませんが、Appleはてっきり最新チップをiPhoneに載せることに拘っているのかと思っていました。これは昨年のA15チップで差別化をGPUコア数のみにしたり、SEにすら最新のチップを載せていたためです。少なくともAppleは下手なスマホメーカーよりはUXを重視しているように見えます。今回の型落ちチップがA16と明確な差が出るとは思えませんが、Appleがここに拘れる時代は終わったのかと考えています。

型落ちも気になる一方で、A16 Bionicについても気になります。厳密にはA15 Bionicの時点で気になっていたことではあるのですが、前作からの性能向上が今までよりも低くなっているようです。これはAppleの製品発表の時点で明確に表れており、少なくともAppleも自覚しているようです。性能向上が技術的に厳しくなってきている、ただし現時点で高性能であるためそこまで性能向上にこだわる必要もないというのはなんとなくわかりますが、であれば機能向上で他社との差別化を図ってほしいところです。

 

Dynamic Islandは、イマイチ。

発表の段階で特にダサいとは感じず、むしろうまくカメラを誤魔化せている点は評価していました。特に、オーバーレイがとことんダメなiOSにしてはいろいろ機能を付加できるので惹かれるものがありました。ただし落とし穴が2つ。

1つ目は前作よりも下に出張ってきている点です。12シリーズ→13シリーズではノッチが縮小しましたが、若干縦方向に伸びているため、有効解像度が事実上減少していました。今回の14 Proシリーズもまさにそれで、カメラ部の上部に微妙に表示領域ができている分が下がってきています。そこ、いる?という感じではあります。誤差レベルの有効解像度ですが、今のスマホはその誤差が割と重要なのではと思うところです。

2つ目は保護フィルムです。Face IDは意外と優秀で、保護フィルムがユニットに被さるタイプでも割とマトモに動きます。14 Proシリーズでもそういうものを選べば良いのですが、アクセサリはサードパーティが出している分多種多様なので、ユニット部分をご丁寧にくりぬいてくれているものが存在します。これはノッチであれば問題なかったのですが、Dynamic Islandになるとユニット部が拡大するように見える関係上、切り欠きの位置が合わなくなります。実機で試したわけではないので一概には言えませんが、個人的にはかなり気になりそうです。「切り欠き無しを買おう、解決。」という話ですが、アクセサリの選択肢が狭まるという点評価は低いです。この点Galaxyとかの画面内指紋なんてものは論外で、正直技術自慢の自己満足以外の何も感じないのですが、何が良いのですかね?超音波式なので "アクセサリ側が気を遣ってくれれば" マトモな動きはしますが。光学式は害です、俎上に上げる価値もありません。

関係ないもののディスりになりましたが、筆者の感想としてはこれに値するレベルでDynamic Islandは邪魔だと感じています。一方でFace ID自体は実は賛成派です。Touch IDは手が湿っていると著しく認証精度が落ちる上に経年劣化するというデメリットがあるためです。また、表示領域を確保するにはTouch IDは邪魔すぎます。現在のスマホのトレンドは縦の解像度なので、SEのようなTouch IDを設置するよりはFace IDの方がコンパクトに収まります。では側面Touch IDはどうかとなるのですが、iPad mini 6thのTouch IDを1年使ってみた筆者としては反対です。世代的にはiPhone 6s以降と同じ第2世代ですが、先述の通り面積の問題でかなり精度が悪いです。手汗に極端に弱く、すぐに認証できなくなります。またiPhoneiPadと違いスペースが限られているため、適度な認証精度を確保しつつ側面に設置となると本体の厚みが増すのは避けられなさそうです。画面内は論外、背面はデザイン的にも難がありますし、実はこれもそれなりにスペースを消費します。何より、iPhoneに背面指紋認証はOS的にもデザイン的にもマッチしない気がします。

消去法であまり前向きな理由ではないのですが、マスク付きでも認証できるようになりましたし今のところFace IDには賛成です。

長々と書きましたが、筆者が言いたいことは単純です。ノッチに戻せ。

現行の、Project DIVAシリーズを比較してみる。

どっかの記事でも書きましたが、筆者は今更Project DIVAにハマっています。

それはいいのですが、何をとち狂ったのかSwitch版、Steam版、PS4版すべてを購入してしまいました。

少なくともどれか1つは要らんだろうという感じですが、すべてDL版。中古で売ることもできないので、ブログのネタにすることにしました。

操作感、画質等で比較していきたいと思います。

細かいところまで詰めていくとUIとか違うのでキリがなくなりますが、今回は大雑把にゲームに関係しそうな部分のみ比較します。

 

比較するのは

PS4版 : 初音ミク Project DIVA Future Tone DX ver1.14

Switch版 : 初音ミク Project DIVA MEGA39's ver1.0.8

Steam版 : 初音ミク Project DIVA MEGA39's+ ver1.02

の3作品です。

Steam版は海外表記だと読みの都合上MEGA MIX+になることがありますが、中身はMEGA39's+と同じです。

 

結論から、書く。

見出し通り結論から書きますが、個人的にはPS4版が最もやりやすいです。DL版本体で揃う楽曲が多い、DUALSHOCK4が標準で使えるので操作しやすい、画質・機能共に十分である、安定している等総合的に見てPS4版を推しています。

ただし、どれが良いかは何を重視するかによって変わってきます。

 

 

比較する、環境。

モニター

DELL G3223Q

PS4 HDMI (2160p 60fps)

PC DisplayPort (2160p 120fps)

Switch HDMI (1080p 60fps)

Project DIVA側の制約で、PCもゲーム自体は60fpsになります。

 

PlayStation 4

CUH-7000

CT500MX500SSD1

 

Switch

HAC-001(-01)

SDSDQUA-128G-G46A

 

PC

Ryzen 5 3600

GTX1650 GDDR6

DDR4 3000 8GB*2 (16GB)

WDS100T3G0C

 

ストレージ

ゲームデータが保存してあるメディアの転送速度です。SwitchはSDカードなのでかなり不利です。

CT500MX500SSD1 : 560MB/s

SDSDQUA-128G-G46A : 30MB/s

WDS100T3G0C : 3200MB/s

 

 

収録楽曲の、違い。

これら3作品は収録楽曲やPV等中身はほぼ同じですが、版権等の所謂大人の事情的なもので微妙に差があります。DLCも含めた楽曲数を比較します。

 

Future Tone DXには "Ievan Polkka" "ハト" の2曲がありますが "鏡音八八花合戦" は収録されていません。

MEGA39's(+)には "鏡音八八花合戦" はありますが"Ievan Polkka" "ハト" の2曲は収録されていません。

 

単純な楽曲数で比較すれば、Future Tone DXが1曲多くなります。

ネコミミアーカイブは当初MEGA39's(+)には収録されていませんでしたが、2022年夏のアップデートでSteam版、Switch版共に追加されました。扱いは初期収録曲(非DLC)っぽいです。FTDXには元から収録されています。

 

 

価格の、違い。

いずれも2022年9月15日時点で、割引は無視した価格です。

PS4はディスク版、Switchはカセット版が存在しますが、規格上どちらも読み込み速度があまり速くない上に、ほとんどの場合はDL版の方が安いので理由がない場合はDL版をおすすめします。

Switch版はばら売りもありますが、全曲揃える最安はシーズンパスなのでそれ前提で計算します。

 

Future Tone DX

本体 4290円

MEGA39's 3300円

MEGA39's 2nd 1100円

計8690円です。

その他、アイテムアンロックキーが1595円、SNOW MIKUパックが990円で、それらすべてを合わせると11275円になります。

 

MEGA39's

本体 3300円

シーズンパス1 2475円

シーズンパス2 2145円

シーズンパス3 3500円

計11420円です。

 

MEGA39's+

Steam版は最初からVIP Editionを購入することで全曲解放することができます。

VIP Edition 6300円

ちなみに本体と追加曲パックを分けた場合

本体 4290円

Extra Song Pack 3500円

の計7790円で、さらにアンロックキーを購入した場合は8290円になります。

 

 

お得感があるのはSteamのVIP Editionです。逆にお得感がないのはSwitch版です。ただし、先述の通りSwitch版は追加曲がある程度バラで購入できるので、明確にやりたい曲が絞られている場合は安く済む可能性があります。

どのプラットフォームもちょくちょくセールを行っているので、急ぎでない場合はそれを狙うのも良いかと思います。だいたい20~40%程度の割引がされています。

 

画質の、違い。

個人的に大きいと思っているのがここです。

スクリーンショットは 

LOL -lots of laugh-

Nostalogic

です。

 

Future Tone DX

1080p 60fpsで安定してプレイ可能です。

また、PS4 Proでは2160p 60fpsで出力することができます。4Kモニターでなくてもスクリーンキャプチャは4Kで保存されるようです。

アップスケールなのかネイティブ4K描画なのかは不明です。Steam版との違いがわからないレベル、というかむしろPS4 Proの方がきれいにみえるので問題外な気もします。ジャギーがPCよりPS4 Proの方が若干少ないです。

 

 

MEGA39's

TVモード時でも720p 60fpsが最大で、多くの場面でそれ以下の画質になります。

フレームレートはリズムゲーム部分は60fps固定ですが、PVは30fpsに制限される部分があります。

Switchはスクショをjpgで書き出しやがるので厳密な比較はできませんが、元から画質が悪いので体感では正直あまり変わりません。

 

 

MEGA39's+

最大2160p 60fpsでのプレイが可能です。

筆者の環境ではちょくちょくフレームスキップが発生しますが、概ね安定して動作します。安定性はPS4 Proの方が上です。

本作の機能として、Future Tone(リアル調)とMEGA39's(アニメ調)を選ぶことができます。

 

また、グラフィック設定が可能です。



ロード時間の、違い。

ここもかなり差が付きます。

 

起動

ゲームの起動時間の比較です。

 

PS4 Pro : 37秒

Switch : 40秒

 

起動時のロゴスキップができないため差がつきません。ただし、筆者のSwitchはよく起動エラーでコケるので、そういう点ではPS4 Proの方が安定的に速いです。

PC版は基準次第で変わります。また、PC版はボタンを押すことでロゴスキップができるのがかなりでかいです。

 

Steam非起動状態からの起動 : 15秒

Steam起動状態からの起動 : 9秒

Steam起動状態かつロゴスキップ禁止 : 36秒

 

Steamの起動に約6秒かかり、ゲームの起動自体は9秒で完了します。

ロゴスキップを禁止した場合は36秒で、他のプラットフォームと差が付きません。つまり、PS4もSwitchも起動処理自体はとっくに完了していると思われます。もったいない。

 

愛言葉

楽曲ロード時間の比較です。PV登場キャラが1人で比較的軽そうな楽曲を選んでみました。

 

PS4 Pro : 3秒

Switch : 9秒

PC : 3秒

 

Switchは9秒と比較的長いですが、どれも10秒未満で済んでいます。

 

千本桜 -F Edition-

楽曲ロード時間の比較です。PV登場キャラが6人で比較的重そうな楽曲を選んでみました。

 

PS4 Pro : 16秒

Switch : 46秒

PC : 8秒

 

性能差が大きく表れました。特に、Switchはゲーム自体の起動よりも時間がかかります。

 

 

大雑把に、まとめると。

それぞれの利点を挙げてみます。

Future Tone DX

・高画質でフレームレートがかなり安定している

・収録楽曲数が最多

・DUALSHOCK4を無線で使えるため遅延は最小

他と比べて突出した機能はありませんが、動作が安定しているという無難に強力な利点を持っています。音ゲー部分を重視する場合はFuture Tone DXが最も適していると考えられます。

 

MEGA39's

・携帯ゲーム機で60fpsでDIVAが遊べる

・超低消費電力

・ミックスモードは唯一無二の機能

Joy-Conが独立ボタンで密度が高いので同時押しはやりやすい

場所を選ばずに遊べる利点は大きいです。妥協すべき点は多いですが、十分に検討に値する利点を持っています。

 

MEGA39's+

・高画質でのプレイが可能

・アニメ調とリアル調を選べる

・ロードがとにかく速い

・様々なコントローラーを使用できる

自由度が高いのが利点です。他方、動作が環境に左右されやすい点は注意が必要です。

今更ジャンクなPS4 Proを見つけたので、お持ち帰りした。

なんとなーく寄ったハードオフPS4 Pro(CUH-7000)がジャンクで投げられているのを見かけた。価格は19800円で、本体のみで、HDD抜き取り。状態は「本体ストレージにアクセスできません」と出る、HDDを交換してみてもダメだったとのこと。で、ちょっと気になったので詳しくきいてみると、持ち込まれた時のHDDは当然NG。その後別のHDDに載せかえたものの起動せず、とのことでした。どうやらエラー CE-34335-8で起動しないようです。「PS4リカバリ領域があってそこから自動的に復元してくれる」的なことを店員さんから聞いたのですが、筆者の記憶ではそんな気の利いた機能は存在しないので「もしかして」に賭けて購入してみました。

f:id:kamabocoblog:20220911225752j:image

 

HDDで、試してみる。

動くのであればSSDにしたいところですが、若干怪しいので一応どうでもいいHDDで試しておきます。で、筆者が知る限りはPS4にシステムの自動修復機能はありません。HDDが故障した場合はUSB経由での復旧が必要です。とはいっても、必要なのはPCと2GB以上のUSBメモリ程度です。

公式にも載っていますが、PS4リカバリ手順を一応書いておきます。CUH-7000ですが、基本的には他のPS4も同じです。

 

1.PS4のHDDを、交換する。

SSDでも同じです。ここの説明は公式で十分わかりやすいので割愛。

 

2.PS4のシステムを、ダウンロードしてくる。

先述の通り、PS4には自己修復とかネットワーク修復とか気の利いた機能はないのでUSBにファイルを入れてそこから復元してやる必要があります。

 

PS4システムソフトウェアアップデート (playstation.com)

 

このページに入り、 "PS4再インストールファイル" の方をダウンロードします。約1GBですが、サーバーがアレなのか家の回線がアレなのか、あまり速度は速くなかったので気長に待ちます。

 

3.USBを、用意する。

容量は2GB以上が必要です。FAT32にフォーマットします(exFATでも良いという話もある)。ドライブ直下に "PS4" というフォルダを作成し、さらにその中に "UPDATE" というフォルダを作成します。

そしてさらにその中に、先ほどダウンロードした "PS4UPDATE.PUP" をコピーします。

 

4.PS4で、作業をする。

先ほどのUSBをPS4のUSBポートに挿入します。

電源ボタンを長押しし続けます。1度目の「ピ」ではそのまま長押しし続け、2度目の「ピ」が鳴ったらボタンから離します。この操作によりPS4がセーフモードで起動します。

 

5.システムを、再インストールする。

DUALSHOCK4を優先接続してPSボタンを押すと操作できるようになります。

"7. PS4を初期化する(システムソフトウェアを再インストールする)" を選択します、というかこれ以外選べないと思います。

f:id:kamabocoblog:20220911225831j:image

途中の選択肢は "USBストレージ機器からアップデートする" "OK" を選択します。

f:id:kamabocoblog:20220911225847j:image

以上の手順で、成功すればPS4が勝手に起動します。筆者のPS4 Proも起動しました。めでたしめでたし。この後CUH-2200からSSDを没収して再度システムを入れ直しました。二度手間。

f:id:kamabocoblog:20220911225902j:image

 

 

確かに、わかりにくい。

HDD交換はSATAの端子も耐久性がないですし、データ移行時のトラブルも発生しやすいのでメーカーとしてもバンバン交換してくれ、とは言いにくいところだとは思うのですが。HDDを交換できるように設計している割には確かにリカバリ方法がわかりにくいです。親切なほうではあるのかもしれませんが、エラーが起きた時に誰でも対処できるかと言われると微妙なライン。難しいところです。

エラーCE-34335-8はほとんどの場合はHDD側に問題があります。公式サイトを見る限り本体側の故障のケースも無くはないようですが、ほとんどの場合はHDDを交換してシステムを入れ直せば動くかと思います。ただしデータは飛びます。

 

PS4 Proの、違い。

普通のPS4との差ですが、機能的には4K対応が一番の違いです。普通のPS4は1080p60fpsが最大ですが、PS4 Proは2160p60fpsとなっています。HDRは両方対応しています。

f:id:kamabocoblog:20220911225946j:image

また、PS4SATA 3.0Gb/sだったのに対し、PS4 ProはSATA6.0 Gb/sとなっているためSSD換装時により恩恵を受けられるようになっています。

その他、GPUが強化されていたりブーストモードが搭載されていたり、物理的にでかくなったりしています。

f:id:kamabocoblog:20220911225917j:image

ぶっちゃけ、チーズバーガーとダブルチーズバーガーみたいなものです。確かに物は良いけど差額分の価値があるかと問われると微妙なライン、というのが筆者の持った印象です。

 

消費電力は、かなり増加。

単純な最大消費電力だけで言えば、CUH-7000はシリーズ最大を誇ります。

CUH-1000 : 250W

CUH-1200 : 230W

CUH-2000 : 165W

CUH-7000 : 310W

CUH-7200 : 300W

筆者は今までCUH-2200を使用していたので、単純に最大値だけで見れば2倍近い数値になります。ちなみに、CUH-7000シリーズはCUH-2000シリーズがベースになっています。

どうでも良いですが、PS3の消費電力も載せておきます。

CECH(A,B)00 : 380W

CECH(H,L)00 : 280W

CECH-2000 : 250W

CECH-2(1,5)00 : 230W

CECH-3000 : 200W

CECH-4000 : 190W

初代電力食いすぎ。PS5も省電力化していくのでしょうかね。

 

安くなければ、買ってない。

消費電力が少なければ発熱が減ります。発熱が減れば寿命は延びる傾向にあります。これを考えた場合、長く使いたければPS4 Slimが最も長寿命なはずです。しかし筆者がPS4でやるゲームは2本だけにもかかわらず、両方ともPS4Pro ENHANCEDなのでPS4 Proを手元に残してPS4 Slimを手放すことにしました。

個人的にかなり惜しいのがPrime Videoの4K HDR非対応な点とUHD BD非対応な点です。これに対応していればPS4 Proの魅力は高まるのですが、どちらも今更言ってもな機能です。

 

電源ケーブルは、その辺のでもOK。

台形型で2ピンという見慣れない形をしていますが、台形3ピンのアース無しなだけなので、3ピンケーブルを流用しても問題ありません。CUH-7200ではメガネ型ケーブルに戻っているようです。

K780を手に入れたので、分解してみる。

先日、ジャンクなK780を入手したのですが、RShiftやらQやら5やらが反応しないというポンコツ個体でした。

前オーナーの扱いがかなり悪く、明らかにコーヒーのようなものをこぼした痕跡があり、さらにRShiftのシリコンパッドが破れていたので購入前からダメだろうなとは思っていました。

じゃあなんで買った、という話になりますがクーポンでタダみたいなものだったので、もし使えたらラッキーかもなあと思ったため。

 

分解記事が、ない。

パンタグラフ式で分解するメリットがほぼないので仕方ないのですが、先述の理由で即戦力外となったK780をどうにか活かせないか考えた結果、記事のネタにしてやろうということに。

分解、組み立てを終えたので一応書いておくと、やはり分解するメリットはほぼないです。確かに清掃はできますが、手間と代償を考えると微妙で、特にK780は新品購入であれば2年保証が付きます。よほどどうでもいいK780でない限りは推奨しません。

代償、というのは構造上分解すると不可逆的な壊れ方をする箇所があることを指しています。両面テープが多用されていてほぼ確実に破れるのが一つ。パーツを固定しているプラスチックが細すぎてあっさり折れる、というか折らずに分解するのがほぼ不可能なのが一つ。

それでも分解したい方は自己責任にてお願いします。

 

分解、してみる。

電池部の、ネジを外す。

3か所ありますが、すべて外します。

 

ゴム足を、外す。

筆者はすべて外してみましたが、左下一か所だけ外せば分解できそうです。

 

ゴム足部から、背面を浮かせる。

背面は硬いプラスチックではなく、ある程度湾曲する薄めのプラスチックになっています。ある程度は曲げても問題ありません。

角が十分に浮いたら、要らないプラスチックのカード等でさらに隙間を広げます。左から2cm部分くらいまで浮いたら手ではがしていきます。

この時注意点として、電池部のやや左の箇所は透明なフィルムが本体の隙間に入っています。基本的にはそのまま引っ張ってしまって問題ありませんが、カードで隙間を拡げる際はゴム足部まででやめておく方が良いです。

透明なフィルムに引っ張られて黒いパーツがとれることがありますが、これは簡単に取れるようになっているので再度固定しておけば問題ありません。

 

ネジを、外していく。

基本的には見えているネジをすべて外しますが、赤丸で囲んだネジはおもりを手前の金属に固定しているだけなので外さなくても分解できるはずです。さらにこいつらは色が同じでも他のネジと若干違うので混同しないように注意が必要です。

 

金属のパネルを、外す。

目の前にある金属のパネルを外すだけなのですが、地味に白いパーツに引っかかる構造になっているので、下部側は真上に持ち上げるイメージで外すと良いかもしれません。

これを外すと、先の手順でおもりのネジを外していた場合はおもりが残ります。

ナントカドットコムで「白い部分が重いから外したい」というスレがありますが、重いのはこのおもりです。PCで使う分には外してしまっても問題なさそうですが、タブレット等をスタンドにたてかける場合はコケるかもしれません。

ちなみに、組み立てるときに位置合わせが面倒なので金属のパネルにネジで止めてからパネルを本体に固定すると良いです。

 

基板を、外す。

フレキの方は黒いパーツを開けてから外します。電池用のケーブルははんだ付けされているので、電池ボックスごと外します。

 

 

白いパーツを、外す。

徐々に浮かせて外しますが、下部がツメで固定されています。

白いパーツを外した、同じところです。ツメが生えてます。

 

スイッチを、外す。

厳密には、基板の方を外します。

ネジ2本で固定されているのでこれを外すと簡単に外せます。外装側のスイッチ実弾は外しにくいので放置推奨。

 

カバーを、外す。

表面のカバーを外します。キーを押しつつカバーを手前に引けば簡単に外れるのですが、この時にこいつらを固定しているパーツがプチプチと折れていくので注意。恐らく、折らずに分解するのはほぼ不可能です。

 

キーを、外していく。

キーの下部を押さえながら、上部を軽く持ち上げるイメージで外していけば基本的には壊れないかと思います。パンタグラフ部が外れた場合は、焦らずに外れた部品2つを組み立ててから本体に戻します。筆者は方向キーが1つパンタグラフごと外れました。小さいキーはどうやら外れやすいようなので、筆者はESCやFnキーは外さずに作業しました。

Shiftやスペースなど、デカいキーは金属でも固定されています。Enterはやや面倒な構造をしているため、仕組みがわからないor組み立てられる自信がない場合は放置推奨です。ちなみに、組み立てるときは金属の角度を調整しながら裏からちょっとずつ突くイメージです。

 

K780は一応手元に残しますが、一生使わない気がします。使用感が故障抜きにしてもイマイチだったので、よほど安くない限り動作品を調達する気もありません。

Project DIVAシリーズの、収録楽曲比較表。

筆者は今更ながらProject DIVAシリーズにハマっているのですが、シリーズごとの収録楽曲をぱっと見でわかる表が欲しいと思ったので作ってみました。

さらに友人の勧めでブログ上に公開することにしたので、気になる方がいらっしゃいましたらどうぞ。

 

 

注意点

・情報は2022年7月20日時点のものです。

・アーケード版については記載していません。家庭用ゲーム機向けに配信されているProject DIVAシリーズのみ載せています。

・PCでの閲覧を推奨します。

・初代PSP版を除き公式ページの楽曲情報をベースに作成していますが、ほぼ手打ちということもあり正確性は保証できません。参考程度にご利用ください。

・元々ブログへのアップロードを想定して作成したものではなく、Excelの表をそのまま引っ張ってきているため視認性や表示等についてはご容赦ください。

・誤り等がありましたらコメント等でご指摘いただければ修正致します。

・変更等については基本的にこの記事の下部に内容を記録しておきます。

 

 

表中の表記

共通

〇 : 収録楽曲

D : ダウンロードコンテンツ (DLCが一種類しかない場合)

空白 : 未収録

 

初代

1 : 追加楽曲集デラックスパック1 ミクうた、おかわり

2 : 追加楽曲集デラックスパック2 リン・レン ルカ

 

X(HD)

E : エクストラデータ(Xは有料 / X HDは無料)

 

Future Tone DX

1 : 拡張パック MEGA39's

2 : 拡張パック MEGA39's 2nd

 

MEGA39's

S : SEGAパック

T : テーマソングパック

1~18 : 追加楽曲パック1st~18th

 

 

楽曲名順(読み)でソートしています。

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
愛言葉            
愛Dee                    
愛の詩                  
アウト オブ エデン               12 D
アカツキアライヴァル            
紅一葉 2                
ACUTE          
アゲアゲアゲイン              
アドレサンス               11
あなたの歌姫 D         7
Absolunote               12 D
AFTER BURNER               S
数多の舞 -Dance of many-               16 D
アマツキツネ              
Amazing Dolce                  
雨のちSweet*Drops             16 D
Alice-DIVA mix- 1                  
ありふれたせかいせいふく              
アンハッピーリフレイン          
Ievan Polkka              
Yellow           4
Equation+**               12 D
1925              
Innocence             18 D
いのちの歌           14 D
イヤイヤ星人               13 D
erase or zero            
いろは唄             18 D
インタビュア              
Weekender Girl          
嘘つきベティ               17 D
歌に形はないけれど 1           5
ウミユリ海底譚                  
裏表ラバーズ 1        
え?あぁ、そう。           3
エイリアンエイリアン               1
LOL -lots of laugh-            
えれくとりっく・えんじぇぅ D        
エレクトロサチュレイタ               1
エンヴィキャットウォーク            
大江戸ジュリアナイト               1
オオカミガール               14 D
ODDS&ENDS          
おはヨーデル (Oha-Yo-del!!)               13 D
on the rocks              

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
骸骨楽団とリリア              
鏡音八八花合戦             17 D
カゲロウデイズ                  
片想いサンバ               13 D
神曲           4
唐傘さんが通る               12 D
からくりピエロ            
カラフル×セクシィ             8
カラフル×メロディ        
Calc.                  
カンタレラ            
カンタレラ~grace edition~                  
ぎずも               17 D
キップル・インダストリー               9
キミに               18 D
君の体温              
Catch the Wave               1
キャットフード          
巨大少女             3
偶像無線(Game edit)               17 D
クノイチでも恋がしたい                  
グリーンライツ・セレナーデ               2 11
クローバー・クラブ           5
Glory 3usi9            
恋色病棟             8
恋スルVOC@LOID             4
恋ノート////               17 D
恋は戦争             7
荒野と森と魔法の歌           18 D
ゴーストルール              
金の聖夜霜雪に朽ちて           13 D
ココロ           6
Gothic and Loneliness ~I'm the very DIVA~               13 D
こちら、幸福安心委員会です。            
こっち向いて Baby           T
孤独の果て             15 D
孤独の果て -extend edition-               2
壊セ壊セ             1

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
さあ、どっち?               15 D
サイハテ            
サウンド             10
soundless voice            
桜ノ雨            
桜ノ雨 -standard edit-                  
Sadistic.Music∞Factory          
Satisfaction                  
サマーアイドル           3
サヨナラ・グッバイ               12 D
39               1
39みゅーじっく!               1
サンドスクレイパー -砂漠の特急線- 2                  
サンドリヨン              
The secret garden           T
Sharing The World             E      
shake it!              
ジェミニ            
ZIGG-ZAGG               12 D
ジグソーパズル               1
自己嫌悪 2                  
ステマティック・ラヴ               6
ジターバグ               1
Just Be Friends          
ジュゲムシーケンサー               15 D
白い雪のプリンセスは              
深海シティアンダーグラウンド               5
深海少女              
SING&SMILE               4
SYNPHONIC DIVE - DIVA FT edit -               15 D
スイートマジック              
Sweet Devil       D    
スキキライ            
すすすす、すき、だあいすき 2                  
StargazeR   D         7
Star Story             9
Starduster             7
Starlite★Lydian               17 D
Stay with me           11
ステップフォワード               15 D
ストリーミングハート                  
Strangers                  
ストロボナイツ           8
砂の惑星 feat.初音ミク              
スノーマン              
SPiCa -39's Giving Day Edition- 1        
slump               12 D
すろぉもぉしょん                  
聖槍爆裂ボーイ                  
積乱雲グラフィティ             T
celluloid 1                  
千年の独奏歌(DIVA edit)           3
千本桜       D     18 D
千本桜 -F edition-              
そいやっさぁ!!               16 D
So much loving you★ -DIVA Edit-               15 D
その一秒スローモーション             13 D

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
DYE          
タイムマシン          
イムリミット   D         15 D
多重未来のカルテット -Quartet Theme-               S
ダブルラリアット           1
Change me             9
番凩          
ツギハギスタッカート                  
月向うまでのトラベル               18 D
罪の名前                  
Dear             5
Dear cocoa girls           15 D
テオ               1
DECORATOR            
Tell Your World       D    
テレカクシ思春期              
天樂          
デンパラダイム               2
どういうことなの!?           5
東京テディベア       D    
どうしてこうなった               13 D
透明水彩               15 D
トエト 2                  
ドラマツルギー               2 10
Transmit 2                  
どりーみんチュチュ               1
Dreaming Leaf -ユメミルコトノハ-             16 D
トリコロール・エア・ライン              
トリノコシティ          

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
ナイト・オブ・ライト               18 D
ナイトメア☆パーティーナイト               13 D
Knife             6
那由他の彼方まで 2           13 D
なりすましゲンガー            
二次元ドリームフィーバー            
二息歩行 1           6
Nyanyanyanyanyanyanya!           10
ネガポジ*コンティニューズ           4

ネコミミアーカイブ              

※1

ねこみみスイッチ             8

ネトゲ廃人シュプレヒコール          
脳内革命ガール                  
No Logic 2             2
Nostalogic                
Nostalogic(MEIKO-SAN mix)              

※1 : v1.02にて追加。公式での言及は無く、22/7/20時点でサイトの楽曲一覧にも無し。

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
ハイスクール Days - DIVA EDIT               18 D
ハイハハイニ           1
ハジメテノオト          
初めての恋が終わる時             2
はじめまして地球人さん              
パズル 1           9
Packaged         3
初音ミクの激唱        
初音ミクの消失 D        
ハト              
花舞月詠               14 D
Pane dhiria               16 D
バビロン                  
パラジクロロベンゼン           8
巴里映画少女               10
Palette 2          
*ハロー、プラネット。(I.M.PLSE-EDIT) 1          
Hello, Worker            
Hand in Hand             E
PIANO*GIRL               6
ピアノ×フォルテ×スキャンダル              
卑怯戦隊うろたんだー                  
独りんぼエンヴィー                  
ひねくれ者             15 D
ヒバナ               1
ヒビカセ              
秘密警察          
天鵞絨アラベスク           18 DLC
ピンクムーン               17 D
Far Away             14 D
Fire◎Flower          
ファインダー(DSLR remix - re:edt)             10
filozofio 2                  
フキゲンワルツ             11
ふたりで。               17 D
ぶっちぎりにしてあげる♪ 2                  
ブラックゴールド              
Blackjack            
ブラックノートに溺れさせて               18 D
ブラック★ロックシューター          
フランシスカ               14 D
FREELY TOMORROW          
break;down               14 D
ブレス・ユア・ブレス               2 7
Promise             11
from Y to Y            
ぺリコ・スペースシッパー               16 D
VOiCE -DIVA MIX-             8
崩壊歌姫 -disruptive diva-               12 D
忘却心中             3
Holy Star -2010 DIVA mix-               16 D
星屑ユートピア   D         10
ほしをつくるひと               13 D
ぽっぴっぽー            
ほんとは分かってる             18 D

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
マージナル           10
迷子ライフ               16 D
magnet            
Magical Sound Shower               17 D
マスターオブパペッツ               15 D
右肩の蝶           2
右肩の蝶 -39's Giving Day Edition-               14 D
みくみく菌にご注意♪           16 D
みくみくにしてあげる♪【してやんよ】        
Mrs.Pumpkinの滑稽な夢                  
ラクルペイント        
moon           14 D
結んで開いて羅刹と骸           1
迷的サイバネティックス               12 D
MEGANE           9
巡姫舞踊曲 2                  
メテオ            
メランコリック          
メルト        
Mellow Yellow               14 D
melody…             17 D
妄想スケッチ               2
モノクロ∞ブルースカイ          
モバイリ:センセーション(C.A.LLME-EDIT) 2                  

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
悠久-Song of Eternity-               16 D
指切り            
夢喰い白黒バク       D     6
夢の続き           9
ゆめゆめ               T

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
LIKE THE WIND               S
Last Night, Good Night             11
ラズベリー*モンスター                  
ラブリスト更新中?           14 D
RIP=RELEASE 2                  
リモコン          
RING×RING×RING 2                  
リンちゃんなう!       D     5
リンリンシグナル -Append Mix-             7
ルカルカ★ナイトフィーバー 2        
ルシッドドリーミング               18 D
Leia               11
劣等上等               2 9
恋愛裁判                  
レンラクマダー? 2                  
ローリンガール            
ロキ               1
1/6 -out of the gravity-              
1/6 -d2 mix- 1                  
Rosary Pale               7
炉心融解         1
ロストワンの号哭                  
ロミオとシンデレラ          

 

  初代 2nd extend f F F 2nd X HD FutureTone DX MEGA 39's MEGA 39's+
WORLDS' END UMBRELLA           4
ワールズエンド・ダンスホール -Live Dance Edition-          
ワールドイズマイン        
ワンダーラスト(A.R.MAGE-EDIT) 2                  

 

 

 

個人的な、注意点。

楽曲リストとは関係ないのですが、筆者がプレイした作品で気になった箇所等をメモ書きしておきます。

 

F

・VITA版fのPS3向け移殖

・スクラッチがフリップ操作に変更されている

・描画は1080p 30fps

 

X HD

・VITA版XのPS4向け移殖、高解像度版

・スクラッチがフリップ操作に

・描画は1080p 60fps

PS4 Proは2160p 60fps

PlayStation VR対応

・収録曲の唯一性が高め

・収録楽曲数がシリーズ最少

 

Future Tone DX

PS4向け

・実は収録楽曲はシリーズ最多 (MEGA39's+よりも多い)

・描画は1080p 60fps

PS4 Proは2160p 60fps

・これ以降の作品は最初から全楽曲プレイ可能 (当たり前だが未購入DLCは除く)

・MEGA39's(+)では実装されている鏡音八八花合戦が収録されていない

・本作で収録されているIevan Polkka, ハトはMEGA39's(+)に収録されていない

 

MEGA 39's

・Switch向け

・明確な情報がないが720pぽい?

リズムゲーム部は60fps固定

・PVは楽曲、モジュール、アイテムの組み合わせで60fpsか30fpsになる

・60fpsになるタイミング、組み合わせは存在するものの基本的にPVは30fpsと考えるのがベター

・TVモード時は初期衣装であれば一部を除き60fpsとなる

・リズムアイコンはABXYから〇×△□に変更可

 

MEGA 39's+

・Steam向け

・描画は最大2160p 60fps

・120fps等の高リフレッシュレートは非対応

・PVはFuture Tone(リアル調)とMEGA39's(アニメ調)を選ぶことができる

 

Inspiron 5410のi7 11390H, Iris Xeの組み合わせだと音が出ませんでした。ただし、DUALSHOCK 4のイヤホンジャックを経由したところBGMのみ再生されました。Realtek Audioから出力すると何故か動作が重くなります。

v1.02にて改善されていました。ただしマシンパワー的な問題で1280×720で設定をMEGA39'sにしないと音ゲーとしては厳しいです。PV視聴専であれば1920×1080 Future Toneでもいけます。

筆者の環境Ryzen 5 3600, GTX1650の組み合わせでは重量設定でもほぼ安定的に4K 60fps出ます。

 

変更履歴

2022年7月18日

初出

 

2022年7月20日

ネコミミアーカイブが抜けていたので追加

・Steam版にネコミミアーカイブが実装されたので追加

 

2022年9月5日

・Switch版にネコミミアーカイブが実装されたので追加

・Switch版に追加楽曲パック(12th~18th)が実装されたので追加

・誤りがあったので修正

   ・ラブリスト更新中?, 悠久-Song of Eternity-, melody…, ルシッドドリーミングのSteam版の欄が抜けていた

   ・劣等上等のSwitch版の欄が抜けていた

 

2022年9月11日

・略記を変更

4月に買ったものを、グダグダ書いてみる。

内容は、買ったけど記事1本立てる程のものでもないやつらの紹介。

まあ、読む価値があるものかというと、ありません。

ちなみに、他記事も並行して書いていて完成したものからアップしているので、ここで紹介する前にどっかで出てきていることがあります。

 

中には独立した記事にしようかと悩んだものもありますが、面倒になった...間違えました書くほど内容が無かったので雑談記事にぶち込むことにしました。

 

で、4月に書いて下書き放置していたら5月になっていたので、まとめます。

思いの外記事が長くなったのでやめました。

 

Amazonで、買ったもの。

Anker PowerPort III 65W Pod

f:id:kamabocoblog:20220425103052j:image

型番 : A2712

Amazonで安いかつ比較的マトモなPD充電器っぽかったので買いました。ブラックは3290円ですが、ホワイトは何故か2990円で購入可能です。

もう少しちゃんとした購入理由は、inspironのACアダプタを持ち出したくなかったから。あれ、邪魔なんですよ。あんな太いケーブルと邪魔な箱持ち出すくらいなら、PD充電器持ち出した方がコンパクトです。プラグが折りたためるので持ち出しには良い感じです。

安価かつコンパクトで65W USB PDが使える、ということ以外に特に特徴もありません。強いて言えばUSB PDとQCとかが共存しているのでUSB PDの規格には従っていませんが、これで機器が爆発するとかそういう訳ではなさそうなので気にしないことにしています。

因みに、あと1000円盛ればこれよりも小型な65W PD充電器がAnkerから出ています。筆者はこの1000円をケチって若干大型な方にしました。

使用感としてはType-Cポートの面がマットデザインになっており傷が目立ちにくくなっている点、発熱が少ない点など高評価で、今のところ不満はありません。iPhoneiPadの急速充電もできるので、持っていて損はないアダプタです。

 

Cable Matters Thunderbolt4ハブ

f:id:kamabocoblog:20220425103032j:image

型番 : 201348

Thunderbolt4なハブです。コイツの特徴は

 

HDMI : 4K120Hz, 8K30Hz対応

RJ-45 : 1GbE対応

USB Type-A : USB 3.0×2ポート

USB Type-C : USB 3.0, USB PD 100W対応

 

という、一部のユーザーにはかなり魅力的な機能というかポートというかが満載な点です。これらがすべて同時にサポートされているハブはなかなか無いと思われます。同じくCable MattersからDisplayportを装備して8K60Hzまで対応したハブが販売されていますが、そちらはUSBが2.0に制限されていたり、LANが480Mbpsまでしか出なかったりと映像以外の機能の制約が大きいです。一方でそちらは筆者が買ったハブよりも1000円安くなっている上に、DPポートを備えて8K60Hz対応ハブもそれはそれで珍しいのでどの機能を優先するかによって変わってくるかと思います。

60WでUSB PD給電を通していますがほとんど発熱はしません。気になったのは思っていたよりもややデカめだったこと。ただ、Thunderbolt4の1ポートでLANもHDMI出力も充電もできるのであれば文句はありません。

で、こいつを経由してInspironをUSB PDで充電すると、普通であれば65W充電されるところが60Wに落ちます。原因は不明。

G3223Qに対して4K120Hzを送ろうとするとG3223Q側が無信号扱いになりました。どこかで落ちていると思われますが、原因がわからないのでどれのせいにもできない現状です。InspironのIntelグラフィックセンターを見ると4K120Hzがサポート解像度に書いてなかったのでinspiron側の問題の可能性もあります。

 

ELECOM USB 2.0 Type-Cケーブル

型番 : U2C-CC5P15NBK

USB PDでの給電用に購入しました。Type-C to Type-Cケーブルなんて100W PD対応していて短すぎなければ正直どれでもいいのですが、USB 2.0正規認証品を謳っていてそこそこ安かったので、じゃあこれでいいかということで買いました。特徴という特徴もありませんが、USB 2.0で100W PDに対応しています。ラインナップが0.5m~4.0mまでありますが、筆者は1.5mのものを購入。USB 3.xだと規格的に長さに制約があります。ただ給電するだけなら転送速度も何もいらないのでUSB 2.0のPD対応ケーブルは需要があります。ケチな筆者は、元から安いこのケーブルをAmazonアウトレットで購入してさらにケチりました。

で、買ってから気付いたのですが、筆者の環境だと1mでも邪魔です。筆者は既にUSB-IF認証を得ているUSB 3.1 Gen2対応のCtoCな1mケーブルを持っているので「あ、1.5mケーブル要らなかったわ(^^;)」状態になった訳です。結果として要りもしない商品(ただし自分で購入したもの)の到着を待つことになり、自己都合で返品には抵抗があるので、Amazonアウトレットの検品済シールが貼られた箱をただ眺めてしまうだけになってしまいました。いつかコイツが日の目を見る時が来ると信じています。

 

ヤマハ 完全ワイヤレスイヤホン

f:id:kamabocoblog:20220425155824j:image

型番 : TW-E3B(H)

筆者は「ワイヤレスイヤホンなんて消耗品に3000円以上も割きたくない」という思想を持っています。すぐにバッテリーが消耗する、遅延酷い、音質は安いとアレ、充電の手間あり。これ、ワイヤードなイヤホンなら悩まされることがない、安価に済ませることができるものです。何が言いたいかというと、コスパが悪いんですよ。しかし時代の流れなのか、数年前までEarPods一色だった電車内が、いつの間にか線のない何かが耳についてる人ばかりの状況になっている訳です。むしろスマホと耳が線で繋がっている人を数えた方が早い。まあ手のひら返してしまえばケーブル劣化ですぐ絡まる有線イヤホンはややストレスでしたし、カバンやらに引っかかっては抜けてを繰り返しているのは不満でした。筆者愛用のSHE9730も劣化してきましたし、踏み込むなら今だということで無線イヤホンを探すことにしました。

筆者がイヤホンを使うのは電車やバスなどの交通機関を使うとき、素直に言ってしまえば騒音がある環境がメインになってきます。そうなるとSHE9730同様カナル型は条件になります。かつ、AirPods程は高くなくできれば5000円前後、多少防水があると安心、音質はSHE9730程度はあってほしい、iPhoneから飛ばすのでAACはほしい。ということになります。まとめると

カナル型

・IPX4相当

AAC対応

・SHE9730程度の音質(ただしHi-Res並≒LDACは求めていない)

・5000円前後

となります。なかなか無茶な条件かと思いきや、これが意外とありました。最終的にJVCのHA-A系とかと悩みましたが、駆動時間よりもAAC対応が決め手となりTW-E3Bが選ばれました。SBCでも別に音質は大差ないはずなので良かったのですが、接続品質的な面でAACが良いらしいのでまあ一応、という感じです。YAMAHAはどうもワイヤレスイヤホン分野で黒歴史を抱えているようですが、TW-E3Bでは特にそういった話もなさそうでしたし、何より音にこだわりを持っている(はず)のメーカーということで信じて突っ込んでみることにしました。

価格は5500円で、ライセンス料が必要であるAACやaptXに対応しているものとしては比較的安価です。防水もIPX5相当で、多少の雨や汗でも問題はないと思われます。正直に言えばaptXなんてライセンス料分無駄だと考えているので、これ削って安くしてほしかった。TWS PlusもiPhoneでは意味がありません。

使用感は、満足です。ぶっちゃけSHE9730が安価なイヤホンでそこまで音質が良い訳ではなかったのでハードルは低いのですが、5500円で購入できるワイヤレスイヤホンとしては優秀なのではないでしょうか。装着感や音質はさすがにAirPodsには敵わないものの、筆者が重視しているコスパという括りでは優秀です。実際AirPodsの1/3程度の価格であり、では価値がAirPodsの1/3かと問われるとそうではないと言えます。

音質としては、筆者の耳は3000円で買える安物なのでうまいことは書けませんが、音に厚みがなく広がりがあまりありません。ただしチープな音とは感じず、総合的には期待以上のものでした。

装着感は、自分に合うイヤーピースと位置を見つけられるか、というところです。AirPodsのようにサッとつけるだけで落っこちない、というイメージではない点には注意が必要です。これは、改めてAirPodsの形状の完成度の高さを実感した部分でもあります。

スマホアプリが用意されていますが、これは正直要りません。オートパワーオフとかリスニングケアとかの設定が弄れますが、前者はともかく後者は使ったところで感動的に音が変わるかというとそうでもない。別に酷評するようなアプリでもありませんが、わざわざ入れるものでもないと思います。

 

メルカリで、買ったもの。

WD Green NVMe SSD 1TB

型番 : SN350

新品未使用で1TBなSN350が安く売られていました。出品者の評価0で正直怪しかったのですが、買ってみました。結果、届いてしましました。筆者は256GB NVMe SSDと500GB SSDと3TB HDDで満足していたので、正直1TBはややオーバーなんですよね。ただ、そろそろPCを少し弄ろうと考えていて、その際にOSの入れ替えも検討していたのでアリだなと。

この1TBモデルのSN350はQLCを採用しています。意外かもしれませんが、筆者はSMRとかQLCとかに、ある点を除いては比較的寛容です。QLCもSMRも食わず嫌いで避けている人が多い(ぶっちゃけ筆者もこれ)ですが、現実を見てみるとどちらもかなり実用的で、言ってしまえばCMRやTLCなどと体感できるほどに品質に差があるものではないと考えています。確かに厳密には性能で劣るのかもしれませんが、それによって価格が下がり、ただし実用上問題が起きるほどの品質低下でないのであれば選択肢としてはアリだと考えています。過去記事で「同価格であれば選ぶ必要はない」とどっかで書いた記憶がありますが、そういうことです。たとえばTLCとQLCのSSDが同価格で売っているのであればTLC一択なのは間違いありませんが、QLCが大幅に安いのであれば筆者はQLCでも良いという判断になります。どこまで信頼するかは人それぞれですが、筆者は安価でありそれなりの品質を保っているのであれば気にしない、という立場です。

データ整理の必要があるのは数年前から自覚しているので、ある程度整理次第乗せ換えようかと思っていました。が、意外といい感じにデータが分かれていたのでそのまま載せ替えてしまいました。

 

ハードオフで、買ったもの。

Logicool Bluetoothマウス

型番 : M337

同型番の黒色のマウスを使用していたのですが、これの使い心地がなかなか良い。特にホイールに横ボタンがあるのは評価が高いです。ということで、リピート。赤色でしたが、このマウスはカラバリがなかなか特殊なので気にしてはいません。特に問題なく動作、値段は忘れました。

筆者は手のひら返しに定評がある人間ということで、上で絶賛していたこのマウスは友人のもとへ既に旅立っています。

 

Logicool Unifyingマウス

型番 : M185

筆者宅にはM185が複数台存在しており、1台は新品、もう1台はつい先日左クリックが故障。ということで新品の方のM185を使用していたのですが、ハードオフで偶然M185を見つけたので修理ベースに良さそう、ということでロックオン。M185はUnifyingに対応しており※、Unifyingレシーバー用の収納スペースが存在します。そのあたりに値札が貼ってあって塞がれているのですが、よく見るとNANOレシーバーが。テカリ等なく状態は良いですが、電池蓋欠品。330円。

結果はNANOレシーバーもM185も問題なく動作、後述のキーボードと併せて問題なく動いています。電池蓋も、例の故障品M185から回収したので完璧です。

NANOレシーバーとUnifyingレシーバーの違いですが、レシーバーが記憶できるデバイスの数です。NANOレシーバーは1台しか記憶できないのに対し、Unifyingレシーバーは6台まで記憶と接続ができます。NANOレシーバーはUnifying対応機器であれば基本的にはおそらく使えるはずで、わかりにくいですがソフトを利用して再登録もできます。

※最近新品で売られているM185はUnifying非対応の独自のレシーバーのものがほとんどなので注意が必要です。キーボードと抱き合わせのものも同じです。厳密には型番が違いますが、似ています。マウスやキーボード側もUnifying非対応になっています。

 

Logicool 無線キーボード

型番 : K375s

Logicool  Flowで同時に3台の機器で使用を切り替えられる無線キーボードです。UnifyingにもBluetoothにも対応していて、キー配列がWindowsMacも意識したものなのでやや特殊なキーボードになっています。筆者はそんな部分はどうでも良くて、Unifying対応で、Fnで音楽のコントロールができる点に惹かれて購入。確か1000円だった気がします。

先述のM185と併せて使用、今まで使っていたK275は1年半という短さで解雇。→追記、その後K375に明確な用途ができたのでK275は再就職しています。

一応K375のデメリットとしては、Fnキーを多用する必要があるので面倒な点。特にPrtScrがInsertの裏なのでスクショ多用勢には厳しい配列です。また、筐体が貧弱なのか、若干反っていてカタカタしました。逆方向に軽く折り曲げたら直りましたが、あまり頑丈なつくりではなさそうです。

 

LITE ON Blu-rayドライブ

f:id:kamabocoblog:20220425103211j:image

型番 : iHBS312

使っていたというよりただただケースにくっついて電気の無駄遣いをしていた内蔵ドライブが不調でトレイが開いたり開かなかったりだったので購入。筆者のよく行くハードオフBlu-rayドライブを3000円以下で売ってくれないので手を出さずにいたのですが、今回800円ということで筆者が見た中では最安だったので購入。そもそもジャンクボックスにBDドライブが入っていたケースが初だったので期待値はかなり低かったのですが、なんか普通に動きました。筆者がやったこととしては消毒と外装の清掃程度のもので、逆にあっさりしすぎてつまらないといえばつまらない。ありがたいといえばありがたい。

ただ、筆者は基本的に円盤が嫌いなので滅多に使いません。特にBDは使用予定は皆無です。

 

ELECOM Cat 6A LANケーブル

100円。6Aのスタンダードケーブルで、ちょうど1mくらいの短いのが欲しかったので購入。現状筆者宅唯一のCat 6Aケーブルですが、初というわけではありません。かつてジャンク購入したバッキャローの6Aのフラットケーブルが何故か壊れたという過去があるので、我が家2本目、ただし現存する唯一のCat6Aケーブルとなります。ケーブルが柔らかくて取り回しが良く、色も端子が白でケーブルが黒というシンプルなつくりなので地味な存在ながらも割と気に入っています。ツメが折れないとかはどっちでもいいです。

 

Amazonイーサネットアダプタ

f:id:kamabocoblog:20220425103131j:image

FireTV Stickを有線LAN接続するのに使用します。新品で買うと2000円なのですが、未使用品が1000円だったのであまり深く考えずに購入。Fire TV Stick 4Kで普通に動作。このアダプタは上限が100Mbpsなので規格上は11acである無線の方が速度は出ますが、有線の方が安定するので筆者は有線で使用することにしました。

 

ELECOM ポータブルルーター

型番 : WRH-300BK

100円だったので面白半分で購入。結果、普通に使えました。コイツは何者かというと、超小型のルーターです。例えばWi-Fiはないけど壁にLANの端子はあるよみたいなホテルで、Wi-Fiを使えるようにするのに役立ちます。USB給電で動く上にマウスよりも小さいというサイズなので持ち出しても邪魔になりません。排熱も考えられた形状で、なかなか完成度は高いです。

が、それはハードの話であり、ソフトは別です。実はこいつはELECOMが使用中止を推奨するレベルの脆弱性があり、基本的には手を出さないことをお勧めします。

 

驚くことに今回ハードオフで買ったものはすべて動作しました。ジャンクBDドライブや100円ルーターは期待していなかったのですが、清掃しただけで何もせず動いてくれたので楽といえば楽、面白みがないといえばそうです。

 

DELLで、買ったやつ。

4Kゲーミングモニター

型番 : G3223Q

購入自体は3月にしており、具体的にはInspiron 14 5410と同時に購入しています。ただし、後述の理由より注文が殺到していたため1か月ほど待つことになりました。届いたのが4月なのでここに書きました。

4K144Hzに対応したゲーミングモニターです。3月のある数日間、何故か約7万円という破格で売られていたので、4KのDisplayHDR600モニターを狙っていた筆者は迷わず購入。Twitterではクーポンの適用ミスだとかなんだとか騒がれていましたが、注文した人には恐らく全員漏れなく発送しているようです。

レビューはあちこちでされているのでこのブログではパスしますが、7万円なら十分すぎます。あえて不満点を挙げるならば、Type-C非対応なこと、入力端子が少ないこと、背面の青色LEDを消灯できないことくらいです。筆者の用途では、今のところこれ以外で気になることはありません。むしろDELLはモニターの保証に関してはかなり太っ腹で安心できます。他のメーカーが「輝点とかドット抜けは仕様の範囲内」とか書いてあるのに対し、DELLはこれらの状態であれば無償交換してくれます。保障の手厚さは全体的な品質に直結しているものだと筆者は考えているので、その点安心ができるという話です。

どうも映像系に足を突っ込んでいる人にはかなりいい加減に感じる発色らしいですが、とりあえずそれっぽく映れば筆者は満足です。

SwitchをG3223Qに繋ぐと音が出ないという問題がありますが、コンソールモードを有効にすることで音が出るようになります。

3月に、買ったものについて書く。

5月も終わりなのになんで3月なんだって話ですが、最近ブログを書いても投稿するか微妙なラインであったり、そもそも忘れていたりするケースが多くて。下書きが溜まりまくっていたのでそれを消化しなければ、と思い書きました。

 

Amazonで、買ったやつ。

コンバーター

Switchにぶっさすコンバーターです。Duoyereeというよく知らんとこから出てるやつですが、2500円で最悪ドブでも諦めがつく価格。Joy-Conについては不満しかなかったのでDUALSHOCK4接続用に買ってみました。

今更手を出した理由としては、ゲーム次第では規約的にアウトであること、最新ファームではコンバーターが使えないという記事を見かけたことが気になっていたから。前者は筆者がプレイするゲームでは問題ない(訳ではないのかもしれないが別に禁止もされていない)、後者はだとしたら今でもコンバーターが売られているのはおかしい、とも思いセール中であったこともあって購入に踏み切ってみました。

結論から書けば、普通に使えました。SwitchのUSBポートにさしてDS4を接続するだけで簡単に使えます。無線でも使用できる様ですが、筆者は無線があまり好きではないので有線で使っています。

先述の通り、コンバーターはゲーム次第では規約違反になることや、今後のアップデート等で対策される可能性があります。使用は自己責任でお願いします。

 

USBケーブル

Cable Mattersから出ているUSB Type C to Cケーブル。USB3.1 Gen2の10Gbps対応と100W PD充電対応を謳っており、正直に言えばまあ特に面白みもない1mケーブルです。なぜそんなものを買ったかというと、筆者の環境にUSB Type-C機器が増えてきたこと、Type-Cケーブルを紛失したこと、ノートPCを買い替える予定であったこと等です。せっかく買うなら100W充電対応で10Gbpsいけるやつにしよう、というよくわからんところを拘りたくなり、ついでにUSB-IF認証受けてるやつにしよう、というまたよくわからん拘りを持った結果、1000円程度で売られていたこちらが選ばれた感じです。

Thunderbolt対応ケーブルも検討はしたのですが、Thunderboltドック等対応機器が手元にない現状で買う意味があまり感じられなかったので、ケチってGen2にしました。じゃあGen2対応機器があるかといえばそうでもないのですが。B450M Pro4の背面ポートがGen2対応ですが、iPad miniはGen1なので恩恵は受けられません。

 

ハードオフで、買ったやつ。

USBケーブル×2

なんかType C to Cのケーブルが300円と500円で売られていたので気になって購入。とりあえず1mのケーブルでUSB 3.1 Gen2対応であることはわかったのですが、その他の情報はわからず。恐らく、Type-Cポートが搭載されているDELLのモニターの付属品です。一応使えはしたのでOKということで。5Aと書いてあるので100W給電もいけそうです。e-Markerが入りそうな長さもあります。

安さは正義です、USB-IFなんて構ってられまs(

 

GameCubeコントローラー

普段1500~2000円程度で売られているGCコンがジャンクボックスに500円くらいで投げ込まれていて、外観は状態が良好だったので購入。が、まあ問題が起きるわけで清掃してから繋いでみるとLスティックが動作不良。上下右には反応するものの左には反応しない。動作品を500円で譲る訳もないかと思い、分解。ついでに清掃。で、問題のアナログスティックですが、スティックの下にくっついているセンサーを爪で無理やり剝がし、マイナスドライバーでセンサーの向きを調整して戻したら普通に動きました。少し前のコントローラーは構造が単純で助かります。

 

DUALSHOCK3

コンバーターを買ってDS4を使う程度に筆者はDUALSHOCK4を気に入っています。ただ、DualSenseが売られたあたりから安定供給が難しくなってきていて、中古は若干値上がり、新品はとても手を出せなくなってきたので、比較的安定的に供給できそうなDUALSHOCK3を予備で購入することに。ジャンクボックスにゴロゴロあるDS3の中でも、PSボタンを押したらLEDが光り、とりあえず生存確認ができて、アナログスティックの状態もよさそうな600円のものをチョイス。軽く清掃して接続してみたのですが、こいつもただでは使わせてくれません。

ボタンは反応する、のですがそれを通り越して反応しすぎる、押してないのに勝手に動く状態。軽く調べた感じ、DS3ではかなりよくある不具合らしく、どうやら内部のフレキを固定しているクッションの活気がなくなって接触が悪くなっているのが原因らしい。ので、分解、清掃、そしてフレキを基板に押し付けているクッションを交換。ティッシュやらスポンジやらを使っている人が多いようですが、筆者は家具の角に貼るクッションを切って貼りました。結果、問題なく動作。

余談ですが、この基板とフレキの接触部分が固定されていない構造はDUALSHOCK4にも引き継がれています。

DS3使ってみた感想としてはボタン配置等は大雑把にDS4にも引き継がれていて特に問題ないものの、フィット感がDS4の方が上で、違和感が少し。メインではDUALSHOCK4で予備でDUALSHOCK3、という使い方にしたいと思います。

このDS3の修理について友人に話したところ、DS3の修理を3台依頼されました。症状はすべてボタン暴走で、クッションの交換ですべて直りました。DS3、設計がいい加減すぎませんかね。

 

DELLで、買ったもの。

Inspiron 14 5410

独立した記事を1本立てているので詳細は書きません。初期不良っぽい何かが発生していたのですが1か月ほど様子見、しかし快方には向かわず、その後検査送りでパーツを予防交換してもらうことになりました。が、どうもいろいろとタイミングが悪かったようで、修理に送ってから約1か月たった今になってようやくパーツ入荷の目途が立ちました。5月中に返ってくるかどうかというところでしょうか。